みにプラだっしゅ!

BB戦士神羅万象チョコ玩具のサイト

【食玩レビュー】ミニプラ ルパンカイザー

2018年3月12日

ご無沙汰しております。実は先週の日曜日に購入したのですが、なかなか気分が乗らず放置気味だった彼をレビューします。

 

というわけで、ミニプラ ルパンカイザーの紹介です。

 

 

発売時期:2018年3月
本体価格:350円(全5種)

◆ミニプラ ルパンカイザー パッケージ

近年ではおなじみとなりました、ミニプラルパンカイザーがでっかく掲載。ラインナップにより、番号のみが変わります。

 

◆1.レッドダイヤルファイター

ルパンレッド駆る赤いダイヤルファイター。サイズは非常にコンパクト。ですが、全身にモールドがビッシリ彫られているので墨入れすると見栄えがよくなるかも。

左翼のエンブレムですが、モールドはなくシールでの再現となっています。塗装派の人は手を加える必要あり。

 

機体下部。機種部分にはプレートが取り付けられており、各スタンドに対応した穴が開いています。

 

ダイヤルはもちろん別パーツでヌルッと回転します。残念ながら劇中のようにカチカチとはいきません。同様に、ダイヤル連動ギミックはありません。

アタックモードは手動で折りたたむ形。見えにくいですが、しっかり砲口があります。

 

合体解説冊子が付属。

 

◆2.ブルーダイヤルファイター

ルパンブルー駆る青いダイヤルファイター。ケツガトリング。前面のプロペラは固定です。

 

ブルーダイヤルファイターのみ、ロボ形態の手首穴もスタンド穴として使用することができます。

 

アタックモード。アタックモード時は背部にスタンド穴が出現。芸コマですね。

 

◆3.イエローダイヤルファイター

ルパンイエロー駆る黄色いダイヤルファイター。ケツチェンソー。チェンソー部分はもちろん回転可能です。

 

両翼のジャイロ部分?は上下2パーツ構成で、裏から見ても肉抜き無し。

 

チェンソー部分も穴埋めパーツが用意されている徹底ぶり。

 

アタックモード。内部構造はブルーダイヤルファイターと同じです。

 

イエローダイヤルファイターには、ボーナスパーツが付属。今後発売予定の食玩VSチェンジャーとダイヤルファイターを連動!

 

もちろん他のダイヤルファイターにも使用可能です。

 

◆4.グッドストライカーA

グッドストライカー後部とボーナスパーツのセット。

 

◆5.グッドストライカーB

グッドストライカーの前部。今回のラインナップで一番組み立てボリュームがありますね。

 

◆合体

4と5を集めると、グッドストライカーの完成だ!

グッドストライカーの頭部?はモールドなしなので、塗装派の人もここはシールを使った方が無難ですね。

 

下部(ルパンカイザー時の背中)に穴があるので、スタンドで飾ることができます。

 

ボーナスパーツを取り付けた状態。

 

トリガーマシンにも差し替え無しで変形可能です。

 

◆というわけで...

怪盗ガッタイム!

 

グッドストライカーの機首と翼を折り畳み、脚部を伸ばす。しっかりとロックがかかるため、自重で縮んでしまうことはありません。ここらへんはさすがと言ったところ。

 

収納されているピンを引き出し。

 

脚部を開きつま先を回転。

今回、肩の軸はデフォルトで斜め上を向いており、自然と怒り肩になるようになっています。

また、踵は元のデザインなのかミニプラオリジナルなのか分かりませんが、ハの字立ちさせたときに接地するよう斜めに切られています。

 

どうでもいいけど、スーパーファイブロボの合体シーケンスを思い出します。

 

 

◆ルパンカイザー

ということで1~5を集めて完成、ルパンカイザー。

腕が大きく、非常にマッシブなスタイリング。

 

脛のプレート部分は肉抜きがあるため、シールを貼る前に埋めたいところ。

 

横から。バイソンキングかな?

 

非常に小さいですが、頭部もしっかり造形されています。

 

脛のプレートを上げると、中にはグレーのパーツがあります。

 

もはや定番化しつつありますが、股間にはスタンド用の穴があります。

 

付属のシール。

 

◆補足とか

大きさ比較。去年のキュウレンオーより一回り小さいです。

個人的にはコンパクトな中に技術がギュッと詰め込まれてる感じがして非常に好きです。

 

ダイヤルファイターもコンパクト。

小さいですが、ギミックはカッチリとしているし造形も細かいので、宝物感があってお気に入り。

 

今回、ダイヤル部分には誤飲防止用?なのか「5」の位置の目印なのか、板がピョイッと出ています。気になる人は切り落としましょう。

 

機首部分のプレートですが、組み立て後も取り外すことが可能です。

ブルー以外はスタンド穴がなくなることとなりますが、気になる人は外しましょう。2本のピンを切り落とすとなおよい。

 

変形の恩恵で、若干ですが頭部を上に向けることができます。

 

 

◆写真

出動

 

奪いに行くのだ

 

何故焦らないんだ!?

 

ビルギットさん!?

 

丁度いいストラクチャが欲しくなりますね。

 

撃ちまくりショット。食玩VSチェンジャーの発売が待たれる。

あと今回股関節とフロントスカート可動が非常に固いです。折れそう。

 

これしかないから怪盗やってんだ!

 

◆まとめ

ミニプラルパンカイザーでした。本編とのテンションギャップがあまりない中での発売は本当にありがたいですね。リリース時期って大事。

本文中特に記載はしなかったのですが、今回非常に組み立てやすかったです。体感なのでなんとも言えないのですが、細かいパーツがあまりなかった気がします。

また、完成してまず思ったのが小さいということ。ダイヤルファイターは特に小さく感じます。おかげで自分は非常に気に入りましたが、物足りなく感じてしまう方もいるかも。

4月にはパトカイザーの発売も控えております。安定した出来、今後がますます楽しみなミニプラシリーズ、今年は最後までお世話になるかも?

 

それでは、また。

 

PAGE TOP