みにプラだっしゅ!

BB戦士神羅万象チョコ玩具のサイト

【プラモデルレビュー】SDガンダムクロスシルエット ゼータガンダム

2018年8月25日

台風の影響で暑さがおかしいことになってます。でも、プレバンから10円貯金箱が届いたので嬉しいです。

 

今回は、SDCS ゼータガンダムを紹介します。

 

 

発売時期:2018年8月
本体価格:1000円

◆パッケージ

「クロスシルエット」シリーズに、SDフレーム内蔵でゼータガンダムが参戦。

パッケージイラストですが、非常にマッシブに描かれています。SDフレーム内蔵なので、瞳が入ったイラストになっています。

 

◆内容

説明書、シール、本体、武器。

 

◆ゼータガンダム

なんだかんだで、SDキット化はお久しぶりなゼータガンダム。飛び抜けてイケメンです。色分けも頑張ってます。

 

背部ウイングは展開状態で固定。珍しいですね。差し替えでも良かったので、なんとか収納式にしてほしかったところ。

下腕・手首が黒なのでなんか違和感が。やはりグレーなイメージ。

 

ビーム・ライフルとシールドを装備。

 

ライフルは1パーツ成形ですがしっかりとした厚みがあります。

シールドは肘の穴にマウント。

 

ビーム・サーベル。とくに言うことなし。

 

◆ギミックとか

スタビライザーは可動します。根本にも可動軸がありますが、クリアランスがないため動かすためには本体から一度取り外す必要があります。

 

コックピットハッチは展開できます。

 

クロスシルエットのガンダムと。

 

BB戦士No.198 ゼータガンダムと。こちらも名作キットです。

 

クロスシルエットのザクは持っていないので、BB戦士No.218 ザクIIの頭部を。

 

 

◆CSフレーム装着

別売りのクロスシルエットフレームを合わせることで、換装することができます。現在白とグレーの2色が発売されていますが、今回は白を使います。

 

頭部は、目の部分を前後入れ替えます。ガンダム同様、パーツによる色分けがされており、塗装やシール貼りがラクになります。

 

でん!

 

胸部はこんな感じの分割です。襟・胴パーツを装着した後、前後の青パーツ・両サイドの白パーツを取り付けます。

 

バインダーも忘れてないよ!

 

スカートアーマーはこんな感じ。サイドアーマーは軸可動です。他は固定。

 

セクシーっ...!

 

下腕は上下の挟み込み。肩アーマーは前後の挟み込み、丸軸をはめ込むので可動しそうですが、固定です。

 

あとは勇気だけだ。

 

脚部は左右の挟み込み、足首は上からそのままスポッと履く感じです。スネ?のアーマーは可動します。

 

◆ゼータガンダム(CSフレーム)

等身が伸び、可動範囲がアップしました。SDフレームではシールドがバインダーと干渉してまともに動かすこともできなかったのですが、CSフレームではそこらへんは改善されます。

白フレームを使うことで、二の腕・フトモモの違和感がなくなります。

個人的な感想を述べさせていただきますと、SDフレームはもう必要ないように感じます。換装はしやすいようになっていますが、そんなに何度もフレーム付け替えることもないですし、SDフレームはLGBBに慣れているといろいろと不便に感じることが多いです。

そうなると、「クロス」シルエットではなくなってしまうのであれなのですが。

 

CSフレーム時は、スネアーマーの隙間が目立ちます。唯一気になる部分。

 

CSフレームガンダムと。

SDフレームガンダムと。

 

ポーズが決まる。

 

ポージングを間違えました。

 

平手ほしいですねえ。

 

 

 

 

◆まとめ

クロスシルエット、ゼータガンダムでした。

久々のSDゼータということで、楽しみにしていました。変形はオミットされていますが、造形は素晴らしいです。ギミック面では特筆すべき点は特にありませんが、不満は感じません。強いて言うなら、ライフル銃口にサーベルを合体できるようにしてあるとよかった。

ただこれ、定価1000円なんですよね。CSフレームと合わせると、1600円とだいぶ高く感じてしまいます。SDフレームだとほんと立たせておくだけになってしまうので、アーマー+CSフレームで1200円くらいだとありがたいなあ...とか。

今後はマジンガーZ(!?)などが予定されているクロスシルエットシリーズ。そちらも楽しみですね。

 

それでは、また。

 

 
 

PAGE TOP